読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙拭けよ

日常の笑える話から、ラーメンなどのグルメ情報、果ては妖怪ウォッチや自己啓発までなんでもござれなブログ。

スポンサーリンク

伝説の飲み物

ネタ・雑記

ども!

守形レイジです。

 

今週のお題「一番古い記憶」

 

ということで、いつの記憶かはわかりませんが「伝説の飲み物」を飲んだ時の話でも。

 

それはある夜の事だった

親父に連れられ、近所の自動販売機に行きました。

昔話をすると、当時は1.5リットルのペットボトルが自販機で売ってたんですよ。

500mlのペットボトルなんて存在してなかった頃だと思う。

因みにその1.5リットルのファンタはいくらで売られてたと思います?

 

なんと

 

360円!

高すぎ高すぎぃぃぃぃ!

これが標準価格だったし、当時はイオン系のお店がまだまだなくて、価格競争なんてものも殆ど無い時代でした。

高い買い物してたよなあ。

でも景気は良かったみたい。

うーむ、デフレの闇は深い。

 

僕は見てしまった・・・唐突にッ!

ピカピカと金色に輝く缶。

そこに黄金で描かれているのは紛れもない伝説の地図。

これは紛れもない勇者の飲み物!

まだ保育園に入るかはいらないかの僕は心踊りました。

多分相当小さかったはず。

ぼく「これ買って!」

そう言って買ってもらったんでしょう。

 

少年は黄金の地図の先に何を見たのか

ウッキウキで家に帰った僕。

世界で僕しか知らない、伝説の飲み物を手に入れた喜びでいっぱいです。

しかし、次の瞬間、感じたことのない感覚に襲われます。

 

うぎゃあーーーーーーーッ!

神の雷と共に、僕は悲鳴をあげ

 

泣きました(´・ω・`)

 

口の中いっぱいに電流が広がりました。

 

 

伝説の洗礼を受けたのでしょう。

その伝説とは何であったのか。

f:id:sugatareiji:20150901172616j:plain

350ml缶がみつからなかったけど、多分これだったんだと思う。

これ以外に思いつかない。

あの電気の飲み物はなんだったんだろうか。

むう。

今となっては謎だらけ。

しかもそんなに地図感がない。

緑色やしなあ彡(゚)(゚)

 

これが初めての炭酸経験です。

まあ、これが僕の一番古い記憶ということで。

 

ではまた次回!

 

ジンジャーエール 500ml×24本

ジンジャーエール 500ml×24本

 

 

 

 

スポンサーリンク

Copyright© 涙拭けよ All Rights Reserved.