読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙拭けよ

日常の笑える話から、ラーメンなどのグルメ情報、果ては妖怪ウォッチや自己啓発までなんでもござれなブログ。

スポンサーリンク

年金情報流出でお前ら騒いでっけど、もっとヤバイの流出しとるの知らんやろ?

お金

ども!

 守形レイジです。

 

最近、年金情報が流出したとか話題になってますが、他にも知らない間に色々流出してる情報ってあるんでっせ。

今回は、何がどんなふうに流出してるのかをちょっとだけ教えます。

 

 ポイント付きアンケートからの流出がヤバイ!

ポイントサイトとか、某巨大ECサイトのポイント付きアンケートから、あなたの個人情報が流出してます。

結構多いのが、不動産投資の会社に流出しています。

流出というよりか、正確に言うと、アンケート規約に個人情報を流用していいという旨の内容が書かれてあるんですね。

納得行かない話ですが、知らず知らずの間に同意してしまっているわけです。

電話は、夜8時や9時に平気でかかってきます。

しかも、要件をなかなかいいません。簡単にいえば、セールスの電話なのですが、どうやら向こうにはテンプレートのようなものがあるらしく、とにかくそれを読み上げようと必死です。

世の中には本当にいろんな仕事があるんだなあと感心させられます。

ちなみに向こうから電話を切ることは絶対にありませんので、かかってきたらガチャ切りでいいです。

僕は以前バトルして電話越しにボコボコにして泣かせてしまいました。

というのも、名乗りもせずに電話をかけてきて、一方的に僕の名前を確認し、セールス内容をまくし立てるのです。

しかも、肝心の結論をなかなか言わない。

僕はキレてしまい「で、要件はなんですか?」と言い放ちました。

すると「ですから、今からそれをお話しようと思いまして」というのです。

「わかりました。で、要件はなんですか?」というと

「いまからお話します」といってまたマニュアルを読み上げだす始末。

「だから要件なんや?」と、口調が強くなる僕

以下ループ。

 

「守形さん!僕滑舌わるいですか?」とか聞いてきやがる。

ちがう。

問題はそこじゃない。

わるいのはお前の頭だ。

質問には過不足なく簡潔に答えろ。

ってかなんで俺が気を使ってるんだ。それがわからない。

 

f:id:sugatareiji:20150611173607j:plain

「でさあ、要件なんなの?」とトドメの一撃

すると「申し訳ございません!もう二度とかけません!すみませんでした(泣)」と一言。

なんだか僕も体力を消耗しましたし、相手も相当堪えたと思います。

誰も幸せにならないセールスなんて、セールスじゃないぜ。

 

知らない番号から電話が来たら「Hello?」と英語で出てみましょう。

知り合いなら笑い話になりますし、怪しい相手なら驚いて電話を切ります。

 

エロいサイトからももれなく流出します。

まあ、大手のDMMとかなら安心ですが、無料動画系で、アドレス登録しないと見られないやつは危険です。

例えば、三本動画があって、二本目までは見られるけど、三本目が登録しないと見られないやつは危ない。

出会い系からバンバンメールが来るようになります。

メールが来ても、クリックしなければいいのですが、一度開いてしまうとアドレスが生きていることがわかるので、それ以降嵐のように来るようになります。

僕ができるアドバイスは、大手しかお世話になるなということ。それだけだ。

 

懸賞系サイトや、懸賞付きアンケートもヤバイ

これはメールアドレスを集めるために使われる手段です。当選する人なんていません。

もれなく出会い系に登録されます。

特徴として

名前、年齢、都道府県を入力させられたりします。

どうせ当たらないので、うっかり応募しないように気をつけてください。

 

楽天の懸賞なんかがひとつの例ですね。一個の懸賞に応募すると、協賛サイトのメルマガに10個ぐらい登録されたりして大変なことになります。

楽天のような大手サイトならばあたりがあるでしょうが、無名サイトは本当に気をつけてください。

現に僕はプレミアムバンダイの懸賞に当たったことがあります。勿論、迷惑メールや電話のたぐいはありませんでした。

 

 

家電屋さんと、引越し屋さん、不動産屋がヤバイらしい

引っ越ししたり、TVを買うと必ずと言っていいほど、国営放送を名乗る(厳密には違うのだが)会社の下請けが協会に入会させにやってきます。

うわさ話なので話半分で聴いて欲しいのですが、どうやら家電屋さんや引越し屋さん、不動産屋さんから、◯◯さんがTVを買ったとか、何処どこに引っ越したとかいう情報が漏れてるらしいのです。

漏らすということは、それなりに見返、、、、

 

おや、こんな時間に誰かきたようだ

スポンサーリンク

Copyright© 涙拭けよ All Rights Reserved.