読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙拭けよ

日常の笑える話から、ラーメンなどのグルメ情報、果ては妖怪ウォッチや自己啓発までなんでもござれなブログ。

スポンサーリンク

ブラック企業社畜マンにありがちなこと

脱社畜・就職

やあ、僕だよ。

今日はブラック企業社畜マンのお話だよ。

 エリート社畜の1日

〜4時〜

・・・むくり彡(゚)(゚)

深夜1時になんとか床に就いたが、体が痛くて眠れなかった。

20分おきに悪夢と体の痛さで目が覚める。

ふう、今日も元気に出勤や彡(゚)(゚)

〜5時出勤〜

はあ、今日も辛いなあ彡(゚)(゚)

長い1日になりそうだ。

昨日も22時まで会社に居たなあ。

17時間も会社に居たのかあ。

休憩はほとんど取れなかったなあ。

はあ彡(゚)(゚)

 

〜労働開始〜

ワイ

お早うございまーす彡(゚)(゚)

 

エリートブラック社員

ゴルァ!守形!もっと叫べ!

パート怒鳴って仕事早くやらせろ!

 

ワイ

ヒエッ彡()()

 

〜10時頃〜

突然わけもなく涙が流れ始める

 

〜13時〜

ワイ

やっと飯ンゴ彡()()

 

上司

今日は休憩30分な!(マジキチスマイル

 

ワイ

休憩無しの昨日よりはましンゴ彡()()

しかし22時までまだまだあるんですけど、、、。

 

〜18時〜

もう無理ンゴ彡()()

もう客の前で倒れようかな。

そしたら明日休めるかな?

もしくは誰か間違って刺してくれンゴ、、、彡()()

事故でもないと休めないンゴ・・・。

 

〜20時〜

突然胸に謎の痛みが走る

 

〜22時すぎ〜

やっと終わったンゴ彡()()

帰るンゴ・・・。

 

〜22︰30〜

ふう、家についたンゴ。

飯ンゴ彡()()

パクパクパクパク・・・。

風呂にも入らなきゃ彡()()

 

〜24時〜

ハッ!彡(゚)(゚)

なんか記憶が飛んでるンゴ!

風呂ンゴ・・・。

めんどくさいなあ。

でも『風呂に入る前に面倒くさがる者はいるが、風呂に入って後悔したものはいない』ってニーチェが言ってたなあ(適当

よし、入ろう彡(゚)(゚)

 

〜23時30分頃〜

あがったンゴ。

眠いけど、寝たらまた仕事かあ。

またこの時間まで帰れないのかあ彡(゚)(゚)

 

〜25時〜

就寝彡()()

夢のなかも仕事のことでイッパイ!

圧倒的に成長や!

 

〜以下ループ〜

 

ブラック企業社畜にありがちなこと

・社会との関係性が希薄になる

もう人と話すのが面倒くさいんです。

というか、そんな体力すら残っていないというのが本音。

家族との時間さえなくなります。

『僕には友達なんていないんだ』

って思って、惨めになれるのでおすすめ。

 

・社会で起きていることの情報が全く入ってこない

情報源である新聞、テレビ、インターネットと触れる機会が極端に減ります。

通勤時間がネットの時間という自称社畜も存在しますが、エリート社畜は移動時間は貴重な睡眠時間です。

この頃には会社の人からの口伝でしか情報が入ってこなくなり、あっという間に洗脳されるのでおすすめ。

 

・オンタイムのテレビ放送を見たくない、同じ番組を繰り返し見る

貴重な休みの日ですが、目覚めるのは昼過ぎです。

もう体が悲鳴をあげて、起きることすらできません。

体を引きずってソファーにこしかけ、とりあえず録画している番組を見ます。

僕は決まって日曜美術館のアンディー・ウォーホルの特集を見ていました。

1日に10回以上再生することもしばしば。

というか、見てるというよりも点いてることに安心するんです。

そして、変わらない・変化しないものを見るのが本当に安らぐんですね。

この頃には社会情勢などまったくわからなくなり、むしろ一周まわって自分は社会のありとあらゆることを知っているような気になって神にでもなったような気持ちになれるのでおすすめ。

 

・毎日仕事の夢を見ている

過酷な労働に加え、夢のなかでも仕事をします。

精神的にはほぼ24時間勤務のような状態になるので、圧倒的成長が可能になるのでおすすめ。

 

 

・ごはんの味がしない

しょっぱい、甘い、酸っぱい、苦いくらいはわかります。

でも、ダシの旨味とかが感じられなくなります。

喜びもなくなります。

ただ明日も生きて仕事をするためのカロリー補給タイムになるのでおすすめ。

食べるもののクオリティにもまったく関心がなくなるので、カロリーを摂るだけの時間に変貌します。

業務スーパーで激まずのインスタントラーメンやカレーを買って、それでしのげるくらいになるのでおすすめ。

 

・感情を喪失している

喜怒哀楽が無くなります。

仕事中に涙は出ますが、感情を伴いません。

綾波レイのような気持ちになれるので、エヴァファンにはおすすめ。 

 

・どうやって辞めるかをいつも考えている

転職とかそういうプラスの辞め方じゃなく、どんなふうに労災を勝ち取るか、どんなふうに倒れるかという思考になっています。

この頃には正常な判断が全くできなくなっているので、普段はできないような大事な決断を思い切ってするにはおすすめ。

 

・出世するか死ぬかの極端な選択肢しかない

この激務に耐えられたものは確実に出世します。

踏まれた草が強くなるのではなく、弱い草は枯れます。

踏まれても大丈夫な強い個体だけが残る適者生存の理だけがそこにあるのでおすすめ。

 

・高い給料を貰っても無意味

死ぬほど残業するので死ぬほど金はもらえますが、前述のとおり、まったく社会との関わりを絶っているので、使うタイミングが皆無です。

訪問販売で壺と羽毛布団を買うといろいろ捗るのでおすすめ。

 

・何もない一点を見つめるようになる

この1日を見ても、帰ってからの僅かな時間の間にも空き時間というものがあります。

風呂を待ってる時間ですね。

あとは就寝前の僅かな時間。

この時間にしていることは・・・

空中を見つめること

もしくは

床を見つめる

この時間だけが、唯一自分らしくいられる時間です。

社畜時代はインターネットはおろか、TVもほぼ見ませんでした。

見ていたのは空中と床だけです。

 

ファーwww

YEA!

Party People!

面接確約!転職するならMIIDAS(ミーダス)!
スポンサーリンク

Copyright© 涙拭けよ All Rights Reserved.