読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙拭けよ

日常の笑える話から、ラーメンなどのグルメ情報、果ては妖怪ウォッチや自己啓発までなんでもござれなブログ。

スポンサーリンク

メルカリで値下げしてもらう方法

メルカリ

ども!

守形レイジです。

 

メルカリの記事を書いてますが、今までは売り手側のコツとかその辺をお話していました。

今回は買い手の目線でお話します。

ズバリ、値下げしてもらう方法です。

では早速いってみましょう!

※登録時にこちらの紹介コードを入力すると300円分のポイントがもらえます!

Cbp315
メルカリ(出品無料のフリマアプリ)はこちら

ぶっちゃけ売り手としては値下げしたくない

まあ、誰でもそうですよね。

ただ、定価で買ってくれることなんてほぼほぼありません。

1000円未満くらいならまだしも、それ以上のものは値下げ交渉されるのが常です。

僕なんかはもうそれを見越したうえで値段設定してます。

高めの設定をして、ある程度まで値切ってあげるというスタイルです。

諦めですね(遠い目

プロフィールをしっかり読もう

メルカリ自体のルールはかなり簡単なんですが、ぶっちゃけ独自ルールが横行しているのが事実。

無用なトラブルを避けるためにも、ここはしっかり売り手のプロフィールに目を通しましょう。

中には『いきなり購入厳禁』などという人もいます。

メルカリ的にはOKなんですが、ここはおとなしく従っておきましょう。

『いきなり購入OKです』などと書いている場合はそのまま買っても構いません。

しかし、今回は値切る方法なので割愛します。

このプロフィールで値下げしませんと書いている人は値下げしないので、そういった交渉はしないように。 

挨拶をしよう

値切るときは挨拶もしっかりしておきましょう。

印象勝負なところがあります。

『お忙しいところ失礼致します。購入希望なのですが、〇〇円にしていただくことは可能でしょうか。よろしくお願い致します。』

こんな感じでいいです。

ここで大事なのは、具体的な金額を明記することです。

『値下げは可能でしょうか。』などという二度手間になる質問はしないように。 

送料込にしてもらおう

まずは送料を込にしてもらうというもの。

とくにブランド物の洋服などを出品している方に多いのですが、送料別にしている方がいます。

この場合は、自分の都道府県(離島の場合はその旨しっかり)を明記しながら交渉すると相手も分かりやすいです。

『お忙しいところ失礼致します。購入希望なのですが、送料を込にしていただくことは可能でしょうか。当方〇〇県です。よろしくお願い致します。』

こんな感じです。

良識の範囲で値下げ交渉を

1万円のものを5000円にしてもらおうと交渉してくる人がいますが、印象めちゃくちゃ悪いです。

流石に半額はキビシイ・・・・・・。

じゃあいくらならOKなの?

良い質問ですねえ。

ズバリ!価格の20%です!

別に科学的根拠があるわけではないですが、売り手の感情からしてもこのくらいなら妥協できるというものです。

1万円が8000円ということですね。

買う方は8000円でしょうが、売る側からすると10%の手数料と送料がかかることになります。

流石に50%とかやられるとキビシイわけですね。

20%くらいならなんとか大丈夫なわけです。

それでも利益的には6000円くらいになってしまうんですよね。

だから20%というのは結構ギリギリの線です。

お願いをするときは低姿勢で行きましょう。

やはり印象勝負!

例えば送料別で1万円の商品の場合。

『お忙しいところ恐れ入ります。購入希望なのですが、送料込8000円にしていただくことは可能でしょうか。当方〇〇県です。よろしくお願い致します。』

こんな感じです。

 

売り手の中には妥協点として中間の9000円とか、送料別なら対応しますというような提案をしてくださる方もいます。

ここはあまり粘らず、納得できるなら早めに購入してあげてください。

最後に

いかがでしたでしょうか。

値切り過ぎないというのは大切ですよ。

あなたのお財布事情も大事かもしれませんが、相手の生活も尊重してあげてください。

お互いWin-Winな取引ができるといいですね。

※登録時にこちらの紹介コードを入力すると300円分のポイントがもらえます!

Cbp315
メルカリ(出品無料のフリマアプリ)はこちら

売り手の悩みはこちら。

 


スポンサーリンク

Copyright© 涙拭けよ All Rights Reserved.