涙拭けよ

日常の笑える話から、ラーメンなどのグルメ情報、果ては妖怪ウォッチや自己啓発までなんでもござれなブログ。

スポンサーリンク

ヨシオクボのバンダナシャツが着用難易度高すぎワロタ

ども!

守形レイジです。

買ったけどなかなか着る機会がない服ってありますよね?

2015年夏に買ったと思うので、かれこれ1年以上立つのですが、全く着る機会がないのがヨシオクボのシャツ。(本当は妻にナイショで買ったので着られない

というのは半分冗談ですが、結構コーデが難しいので持て余してます。

 yoshio kubo バンダナシャツ

f:id:sugatareiji:20161203174930j:plain

ヨシオクボの定番の型です。

毎シーズンバンダナデザインのTシャツやシャツ、ジャケットが出ますが同じ柄というのはシーズンを跨いでは出ないので、半定番ってとこでしょう。

f:id:sugatareiji:20161203174931j:plain

2015AWシーズンのテーマ「砂漠の生活」を象徴するカーペット柄バンダナを
肩にプリントしたものです。
ラクダ、花、鳥など、砂漠から連想されるモチーフを元に、グラフィックブランド
"nowartt"さんが起こしたカーペット柄です。

東京インテリアに売ってそう、、、。

f:id:sugatareiji:20161203174932j:plain

バックシルエットはこんな感じ。

正面から裏にかけてしっかりデザインが入っています。

細部へのこだわりが素晴らしい

f:id:sugatareiji:20161203174942j:plain

背中にはプリーツが入っており、運動量を補助してくれますので、動きにもついてこれます。

f:id:sugatareiji:20161203174941j:plain

フライフロント(比翼仕立)になっており、ドレス向けのシャツですのでジャケットスタイルに最適です。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、バンダナ部分はプリントではなく、別布を貼り付けたような感じになっています。

f:id:sugatareiji:20161203174935j:plain

襟の部分ですが、裏にもしっかりデザインされています。

f:id:sugatareiji:20161203174943j:plain

こちらは比翼部分ですが、中にもデザインが入っています。

白シャツだから透けない?

f:id:sugatareiji:20161203174940j:plain

白シャツで気になるのが「透け感」

シャツに手を入れてみたのがこの写真ですが、あまり気になりませんね。

というのも、秋冬モデルということもあり生地に厚みがありしっかりしているのでインナーの透けも少ないです。

サイズ感、着用感、コーデは?

公式からのサイズは以下

1(肩幅44 身幅47 着丈66 袖丈69)、2(肩幅45.5 身幅49 着丈68 袖丈71)

僕は174cmの63kgですが、サイズ1でちょうどいいです。

動きにくさ等も気にならず、生地に厚みもあり「良いシャツ」です。

ドレスシャツなのでブカブカで着るのはおかしいので、体にあったサイズを着ましょう。

また、ドレスシャツ1枚で着ることもないと思うので、ジレやジャケットが基本です。

ハズシにパーカーを開けて着るのもいいでしょう(ペラい安いのはNG)

結構ちゃんとした場所に着ていかないと場違い感が強いシャツというのが率直な感想です。

パーティーとか、ちょっと洒落た場所ならいいのですが、イオンに買い物とかには着ていけないですねw

同じデザインのジャケットも買うべき!

同デザインのジャケットもあったのですが、金銭的余裕が当時はなく買えませんでした。

あったほうが明らかに着用しやすいので買うべきです。

しかし、ヨシオクボは作っている枚数自体少ないようなので、迷っていると手に入りませんし、通販等ではなかなか買えません。

僕は仙台フォーラスのギルドプライムで購入したのですが、シャツは各サイズ一点ずつしかありませんでした。

ジャケットはサイズ2だけだったかな?

かなりしっかりしたジャケットだったので欲しかったですが、もう買えないですねえ。

通販等ではシャツはギリギリ見ましたが、ジャケットは一着も掲載なしでした。

シャツが25,000円ほどで、ジャケットが50,000円ちょいだったと思います。

セットアップで揃えても10万円ほどで揃うので手頃だと思います。

スポンサーリンク

Copyright© 涙拭けよ All Rights Reserved.