涙拭けよ

オシャレを『ファッション・健康・美容・ダイエット・ボディメイク』など様々な視点から考えるブログ。音楽や読書など筆者の趣味についても語ります。

スポンサーリンク

登坂広臣着用メガネ Ray-Ban RX3447V 2500購入レビュー

登坂広臣着用のサングラスといえば、トムフォードやディオールオム、トム・ブラウンやクロムハーツなどなど高額なブランドばかり。

しかし!なんと僕らでもカンタンに手の届くブランドがあるのも事実。
それが今回紹介するRay-BanのRX3447V 2500なのです!

 

 

HIGH&LOW完成披露試写会にて着用

f:id:sugatareiji:20171030011958j:plain

引用元 https://ameblo.jp/chiii-kk-85/entry-12177357584.html

2016年7月4日に東京国際フォーラムのホールAで行われたハイローの完成披露試写会の舞台挨拶で着用していました。

Ray-Banのサングラスは1万円そこそこで買えるので芸能人着用アイテムとしては安価なのですが、この型番はしばらく廃盤モデルになってしまっており、プレミア価格で取引されるなど入手が困難になっていました。

この舞台挨拶では衣装として提供されたものなのか、伊達メガネ用のレンズに交換されておらず、ダミーレンズのまま使用されています。
これにつきましては記事の後半にて説明いたします。 

 

廃盤モデルが復刻 !

実は僕もここ数ヶ月ずっとこのモデルを探していたのですが、どこの店舗にも在庫がない状態で手に入れることができませんでした。

フリマアプリではたまに見つかるのですが、実売価格の二倍以上の価格で販売されていました。
そもそもRay-Banは偽物が多く、フリマアプリでの購入は不安が大きいです。
偽物の場合は修理の際にネジが正規品と違っていて修理不能だったり、レンズの作りがデタラメなゆえに健康上の支障をきたす場合もあり非常に危険。

そんな中、2017年10月に再販が確認され、この度の購入に至りました。

 

レイバン メガネ RX3447V 2500 50 Ray-Ban ROUND ラウンド クラシック

クラシカルな雰囲気のゴールドフレーム

f:id:sugatareiji:20171030015507j:plain

クラシカルな雰囲気が素敵なラウンドタイプのメガネ。
ゴールドフレームがコーディネートのアクセントになりますね!

レンズ幅50mmのものを選択。
小顔な女性なら47mmでもいいでしょうが、男性なら50mm一択でしょう。

 

モダン部分は鼈甲(べっこう)色

f:id:sugatareiji:20171030015528j:plain

以前販売されていたときは、白と黒もありましたが、今回再販されたのは鼈甲色。
真っ黒だと重たくてジジ臭い印象になってしまいがちですが、これならこなれた感じが演出できていいですね!

着用時にあまり目立つ部分ではありませんが、ファッションにおいては細部のデザインというのは意外に大事。

 

テンプル裏に型番号が記載

f:id:sugatareiji:20171030015523j:plain

テンプルにはRX3447Vではなく、RB3447Vと記載がありますが間違いではありませんのでご心配なく。

2500というのが、このゴールドの色を示しています。
2503という色もあるので、間違わないように気をつけてください。

50というのがレンズ幅です。

 

トラッドスタイルのアクセントにおすすめ

f:id:sugatareiji:20171030015518j:plain

そこまでしっかりしたトラッドスタイルでなくても、ジャケットとシャツのカッチリした格好に合います。

ハイロー完成披露試写会の臣のように、インナーにTシャツを持ってきてももちろんOK
その際は金色が基調のネックレスを身に着けたいですね!

 

f:id:sugatareiji:20171030015533j:plain

一応丸メガネのカテゴリですが、ご覧の通りまん丸ではないので使いやすさはバッチリ!

鼻あてやネジなど、すべてゴールドカラーで統一されているのは嬉しいですよね。

 

【重要】ダミーレンズは必ずしっかりしたレンズに交換すべし! 

目の健康のために交換しよう

f:id:sugatareiji:20171030015512j:plain

このブランドロゴが入ったものは基本的にダミーレンズです。
もっと言えば、レンズと言いながらただの板です、、、

これは型崩れ防止用として使われているもので、決して着用するためのレンズではありません。
UVカット機能もなければ、目の健康を守る上で必要なキズ防止などの加工が全くされていません。

着用すればわかるのですが、反射防止もされていないために、とにかく不要な光がレンズに反射して見えます。
それゆえ、目にかかる負担や疲労は尋常ではありません。

伊達メガネ用のレンズであれば1000円〜2000円で交換できるので、必ず交換しましょう。

あくまでも臣は衣装で使っているので、真似せずにメガネとしての正規の使い方をしましょう。

 

レンズ抜きでの着用もやめよう

しばしば伊達メガネで使用する際にレンズを抜いてしまう人が散見されますが、これもおすすめできません。
レンズが入っていないメガネはやがて歪んで変形し、劣化します。
また、横から見ると非常に間抜けな印象を与えてしまいますので、ファッション的観点からもレンズ抜きは全く推奨できません。

いい年をした人がレンズ抜きというのもなかなか見ていて痛々しいものがあります。
せめて大学1年くらいまででしょう。。。

 

登坂広臣着用アイテムとしては超安価!無くなる前に急げ!

臣着用のメガネやサングラスは40,000円〜80,000円くらいのものが多いので、この価格で手に入るというのは奇跡に近いです。

ロングブリムハットにも合うアイテムなので、普段つばが広めのハットを被る人にもおすすめしたいですね。

今後定番商品として再び定着するのかは現時点では不明なので、欲しい方は早めの購入をおすすめします。

Copyright© 涙拭けよ All Rights Reserved.