読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙拭けよ

日常の笑える話から、ラーメンなどのグルメ情報、果ては妖怪ウォッチや自己啓発までなんでもござれなブログ。

スポンサーリンク

ポール・スミス展『HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH』感想 独特の世界観に酔いしれる

ファッション・脱オタ

ども!

守形レイジです。

ポール・スミス展が上野で開催されているということで、早速行ってまいりました。

お洒落に関心がある人なら誰でも通るポール・スミス。

かくいう僕も、ポール・スミスは勿論のこと。

アール・ニューボールドのような兄弟ブランドも利用しておりました。

今回は展覧会の感想です。

f:id:sugatareiji:20160811231035j:image

 

会場は上野の森美術館

上野駅からほど近く。

周囲には動物園や美術館などの施設があり、一日中過ごせそうな感じ。

チケット売り場で1500円を支払い、中に入ります。

f:id:sugatareiji:20160811231054j:image

 

音声ガイダンスはスマホとQRコードで

一般的には首から下げて、番号を入力して聴く機械を有料で借ります。

しかし、今回は作品等のそばにあるQRコードを読み取り、スマートフォンで聴きます。

松田翔太さんの解説を聴くことができます。

入場口でピンク色のイヤホンが渡されるので、イヤホンを持っていなくても安心。

ただ、僕としては有料の機械の方がありがたかったかなあ。

というのも、旅行で行ったためにスマホの電池と通信量が気になって、聴けませんでした。

他のお客さんを見ていても、度々QRコードの読み取りエラーが出ていて、上手く再生されていない方も散見されました。

また、会場が非常に混み合っているため、QRコードの撮影が難しい場面もありました。

図録やパンフレットにQRコードを記載して欲しかったなあ。

 

なんと写真が取り放題!

展覧会では珍しいですね!

様々な作品や、ポール・スミス氏のコレクションがたくさんあります。

思い出にも残りますし、いいですね!

 

 

f:id:sugatareiji:20160811231137j:image

 

 ポールのアートウォール

ポールが10代の頃から集めたアートのコレクション。

中にはアンディー・ウォーホールのものや、バンクシーの物もあるそう。

f:id:sugatareiji:20160811231201j:imagef:id:sugatareiji:20160811231230j:imagef:id:sugatareiji:20160811231245j:image

 

 

原寸大のポール・スミス一号店!

f:id:sugatareiji:20160811231306j:image

狭すぎ狭すぎィィィ!

ま、会場に再現できるくらいの大きさということで、当たり前ではありますが、それにしても小さい。

これで商売をやっていたんですねえ。

実際の店舗と想像すると、3人位入ると満員な感じであります。

店舗は3m×3m

ポールは他の仕事をしながら、週二回ここで商売をしていました。

 

ポールのオフィス

f:id:sugatareiji:20160811231338j:image

机の上にあるのは旧式のMacかな?

とにかく物が多い部屋です。

写真には写っていませんが、部屋の中に自転車があったり。

椅子も座れないくらい物が乗っててワロタ。

しかし、こういった物たちはポールが世界中を旅して集めたものであり、彼のインスピレーションにつながっているんですね。

 

ポールの頭のなか

f:id:sugatareiji:20160811231405j:image

ポールは画像やイメージ、言葉や数字などの様々なアイディアが頭のなかに入ってくる時、それを頭に残しておくために写真を撮ったり、ノートへのメモをするそう。

この展示はポールの頭に浮かんできたものを再現したもの。

未来感がすごい空間。

 

デザインスタジオ

f:id:sugatareiji:20160811231427j:image

f:id:sugatareiji:20160811231531j:plain

 

この空間からあのポール・スミスストライプが作られているんですね。

あのストライプも計算されて作られていると考えると、デザイナーってすごいなあと。

スタジオもまた物で溢れかえっていますが、本人にはわかるように整理されているのでしょう。

 

f:id:sugatareiji:20160812221901j:image

上には洋服を作る上で大切な型紙があります。

上から下げることでスペースの有効活用をしています。

 

MINIの車が展示されてる!

f:id:sugatareiji:20160811231453j:imagef:id:sugatareiji:20160811231509j:image

ポール・スミスのバッグや財布にも描かれたことのあるあの車です。

ミニカーもグッズとしてありますよね。

ロンドンの街なかに映えそうな車ですね。

 

 

プロモーション

f:id:sugatareiji:20160811231548j:image

シーズンごとの広告キャンペーンのプロモーション写真。

この写真一枚一枚がすでにアートです。

 

ホテルのベッドルーム

f:id:sugatareiji:20160811231610j:image

このホテルの一室がポール・スミスにとっての初めてのショールームになりました。

最終日の終わりになって、ようやく一人の顧客から注文が入ったそう。

今となっては有名なブランドですが、ポールは本当に苦労人なんですよね。

天才というよりも、好きを追求した努力の人だと感じました。

 

コラボレーション

他ブランドとの様々なコラボレーションを見ることができます。

 

f:id:sugatareiji:20160811231704j:image

自転車のウエアはジロ・デ・イタリアとのコラボレーション。

ポールは競技自転車の選手を目指していたことから、自転車への愛は半端ないです。

 

f:id:sugatareiji:20160811231725j:image

こちらは自転車ですね。

 

f:id:sugatareiji:20160811231743j:image

エビアンは海外のブランドとよくコラボしています。

ポール・スミスもその一つ。

イヤーボトルといって、エビアンとデザイナーとのコラボレーションが毎年あります。

2016年はアレキサンダー・ワンです。

それにしても、瓶のエビアンはカッコイイですね。

 

f:id:sugatareiji:20160811231801j:image

オートバイもあります。

こんなおしゃれな乗り物に乗ってみたい!

 

いろんな店舗が見られる!

f:id:sugatareiji:20160811231827j:image

ポール・スミスは2つとして同じ作りの店舗というのはないんですよね。

その建物ごとに特徴があります。

 

コレクション

個人的に一番良かったコーナー。

f:id:sugatareiji:20160811231848j:image

 

f:id:sugatareiji:20160811231905j:image

 

f:id:sugatareiji:20160811231932j:image

やはりこういった柄シャツがポールらしい。

着こなしは難しいですが、チャレンジしたいですね。

 

f:id:sugatareiji:20160811231947j:image

 

f:id:sugatareiji:20160811232002j:image

 

f:id:sugatareiji:20160811232017j:image

 

ポールさんと記念撮影ができる!

さすがに混んでいたのと、同行者がいない一人での観覧だったのでポールさんのみの写真。

f:id:sugatareiji:20160811232032j:image

 

展覧会記念グッズが沢山!

f:id:sugatareiji:20160811233954j:image

僕が買ったのはこの図録。

今回の展覧会を何度でも楽しめます。

主なグッズは以下。

通販で買えるものもあります。

「ポール・スミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH」 公式グッズ | よみうりイベントグッズ 通販サイト

Tシャツなんかも売っていましたが、値段が値段なので断念。

展覧会に行ったら図録は必ず買うべき!

 

 

開催概要

ポール・スミス展
HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH
■ 京都
会期/2016年6月4日(土)~7月18日(月・祝)
会場/京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町)
開館時間/9:30~17:00 ※金曜日は20:00まで、入館は閉館30分前まで
休館日/月曜日 ※7月18日は開館
入場料(当日):一般1500円、大学生1200円、高校生900円
問い合わせ/京都国立近代美術館(TEL:075-761-4111)

■ 東京
会期/2016年7月27日(水)~8月23日(火)
会場/上野の森美術館(台東区上野公園1-2)
開館時間/11:00~18:00 ※金曜日は20:00まで、入館は閉館30分前まで 休館日/なし
入場料(当日):一般1500円、大学生・高校生1200円、小・中学生500円
問い合わせ/ハローダイヤル(TEL:03-5777-8600)

■ 名古屋
会期/2016年9月11日(日)~10月16日(日)
会場/松坂屋美術館(愛知県名古屋市中区栄3-16-1)
開館時間/10:00~19:30 ※入館は閉館30分前まで 休館日/なし
入場料(当日):一般1100円、大学生・高校生900円
問い合わせ/松坂屋美術館(TEL:052-264-3611)

展覧会公式ホームページ:

ポール・スミス展 | HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH

 

 

スポンサーリンク

Copyright© 涙拭けよ All Rights Reserved.