読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙拭けよ

日常の笑える話から、ラーメンなどのグルメ情報、果ては妖怪ウォッチや自己啓発までなんでもござれなブログ。

スポンサーリンク

夏暑くて冬寒い。生デニムの色落ちの魅力。

ファッション・脱オタ

ども!

守形レイジです。

 

最近スウェットに頼りがちな元ギャル男です。

今では浄化され、普通のオニイチャンになってます。

僕はジーパンが大好きなんですよ。

デニムジャケットも持ってて、セットアップで着てたり。

でもさ、デニム素材って夏は暑いし冬は寒いんですよねw

 

今回はそんな話でも。

 

 

以前こんな記事を書きました。

 

sugatareiji.hatenablog.com

 デニム大好きなんです。

新しいジーパンを買った時の気持ちの高ぶりはなんとも表現できないものがあります。

最後に買ったのは去年の夏かな。

もう手持ちは十分なんで、今後買うことはないでしょう。

 

生デニムの魅力

生デニムとは?というところからだと思うので、その説明を。

www.longhorn-imports.com

要は、未加工のデニムです。

普通であれば、糊を落とし、洗いにかけ、縮んだ状態で売っているわけです。

生デニム(リジッドデニム)はマニア向けの商品です。

加工物であれば、最初からアタリがついていたり、色落ちがしてあるのですが、どうしても自分の体の線とはズレが生じるんですよ。

そこで、未加工のデニムを穿き込んで自分の体にあわせた線をつけたり、色落ちをさせたりするのが楽しいんですよね。

40度くらいのお湯につけて糊を落としてというところから始めるのが本当に楽しい。

穿いて洗うたびに縮んで体フィットしていくというところもおもしろいです。

 

 

夏暑くても穿く、それが根性穿き

夏は暑いですよねえ。

ハーフパンツに逃げがちですが、あえて穿く。

まあ、特に夏に穿く意味はありません。

でも、Tシャツにデニムってめっちゃかっこいいじゃん。

デニムショーツだとちょっと外し過ぎな感じになってしまうので、僕はあえて長い方をすすめます。

Tシャツに生デニムで上品目なコーデも(・∀・)イイ!!

夏はダメージで崩すのもありですけどね。

 

冬は激寒!でも対処法アリ!

レギンスを下に穿きましょう。

おすすめはユニクロのヒートテックですね。

これを穿くだけで全然違います。

素肌にジーンズだと、繊維の間から寒さが突き抜けてくるんですよねw

もはや穿いてる意味などないくらいに、ええ。

ちなみに僕は最近、ヒートテック二枚重ねにして、その上にハーフパンツを穿いてます。

東北の秋でもそれで大丈夫なくらい、ヒートテックはすごいです。

一枚では心もとないですが、重ね着で効果を発揮しますね。

秋冬は穿き込むチャンスですね。

夏みたいに暑いとストレスですし、汗もベタベタにかくからすぐ洗わなくちゃいけないし。

まあ、冬も冬で汗かきますけどね。

 

表情が変わってくいくのが面白い

最初は黒と間違うくらいのこいインディゴだったのが、だんだん青色になっていくさまを見るのはとても気持ちが良いです。

僕はDior Hommeのデニムを好んで愛用しています。

でも、Dior Hommeって色落ちまで時間が掛かるし、そもそも色落ちさせるものじゃない気がします。

でも良いんです。好きだから。

個人的にはラウンジリザードなんかはシルエットが細身でかっこいいし、色落ちもし易いのでおすすめですね。

まあ、何年と付き合う相棒になるので、選ぶのは慎重に。

ヌーディージーンズなんかもかっこよさげだよね。

あとはベーシックな印象のA.P.Cとかも(・∀・)イイ!!

僕はリーバイスとかアメリカ系のゴリゴリのデニムのマニアではないので、そのへんのことはよくわかりません。

最近の(といってもエディ・スリマン以降か)細身のジーパンが好きです。

 

ただし、時間がない人には圧倒的に加工者をオススメします。

最初からかっこいいので。

ディースクエアードがかっこいいなって思ってます。

 

 

ちなみに僕の育てた相棒は、冒頭の過去記事から見れます。

何か育ててるジーンズありますか?

 

ではまた次回!

 

 

 

スポンサーリンク

Copyright© 涙拭けよ All Rights Reserved.