読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙拭けよ

日常の笑える話から、ラーメンなどのグルメ情報、果ては妖怪ウォッチや自己啓発までなんでもござれなブログ。

スポンサーリンク

脱オタ必見!洋服の洗い方、保管の仕方

ファッション・脱オタ

ども!

守形レイジです。

 

今回は洋服の洗い方や、保管方法で気をつけていることをお話いたします。

素材の選び方も少々。

 

基本的な洗い方

 洗濯ネットは必ず使ってください。

衣類と洗濯槽が直接擦れるのを防ぐためです。

1.衣類を裏返しにします

2.型崩れ防止の為、ボタンやファスナーは全て留めましょう

3.たたんでネットの中へ

4.色物と白物は一緒に洗わないようにしましょう。

特に、ジーンズと白Tシャツなんかは絶対に一緒に洗わないでください。

5.洗濯機の弱洗いもしくはドライモードで洗いましょう。水流が強いと傷みますので。

6.洗剤は必ず中性洗剤を使おう。色落ち防止のためです。これに関しては後述します。f:id:sugatareiji:20150717161229j:plain

洗濯ネットは100均に売っているようなもので大丈夫です。

 

f:id:sugatareiji:20150717161242j:plain

洗剤は中性洗剤を使いましょう。

蛍光剤が入っていると色落ちの原因になりますので、入ってないものを選びましょう。

僕が今使っているのはこの二種類です。

ジーンズを洗うときはビーズを使ってますね。

NANOXは小さくてコスパが悪いような印象を持たれるかもしれませんが、実際は少量で済むので、消費量も少ないです。f:id:sugatareiji:20150717161259j:plain

ワイドハイターは、頑固な汚れを落とすのに使います。

例えば、首のあたりが茶色くなったりした時ですね。

40度のお湯に溶かしてつけてます。

その時に、汚れの部分に塗って浸してます。

40度くらいが酸素がうまく働いてくれます。

20分くらいつけたあとに、中性洗剤で弱洗いですね。

 

 

干し方 f:id:sugatareiji:20150717145557j:plain

こちらが一般的な干し方になります。

この時に注意して欲しいのは、ハンガーを下から入れるということですね。

首から入れると首元がダルダルになる原因になります。

f:id:sugatareiji:20150717145628j:plain

 

 

こんな風に裾部分を吊るす方法もあります。

f:id:sugatareiji:20150717145648j:plain

乾きにくいですが、衣類が一番痛まないのはこの干し方。

圧が分散されてます。

f:id:sugatareiji:20150717145717j:plain

 

ジーンズは膝の伸びを直すために、このように逆さに吊るします。

f:id:sugatareiji:20150717145739j:plain

ある程度乾いたら逆向きにします。

どうしてもポケットまわりが乾きにくいので。

吊るした時に必ず上の方から乾いていきますので、それを念頭に入れておくといいでしょう。f:id:sugatareiji:20150717145800j:plain

 

干すときのポイント

・直射日光に当てない!基本は陰干し。

・裏にしたまま乾かす。

 

大事なことは、無駄な色落ちをさせないことです。

ジーンズのように色落ちを楽しむ服は例外的にありますが、基本は色落ちさせないようにしましょう。

陰干しですので、生乾きにならないように注意しましょう。

夏場と、暖房を使う冬場は問題無いですが、梅雨時期などは除湿機等を使うといいでしょう。

 

乾燥機にかけちゃダメ!絶対!

服が縮みます。

絶対にかけないでください。

生デニムを縮ませるためにかける人はいますが、基本はやめてください。

変色や縮の原因になります。

生デニムのノリ落としの方法などは今回は説明しません。

 

保管方法

Tシャツはたたんで平置きにするか、衣類ケースに入れてください。

どんな服にでも言えることですが、基本的には服に負担をかけないことが大切です。

重さのある服は太いハンガーを使うなどして、型崩れを防止してください。

僕は無印がおすすめかな

www.muji.net

特にこのレッドシダーという素材は、湿気や虫から服を守ってくれるのでオススメです。

少し値は張りますが、一度買えば一生使えますから、コスパは高いです。

 

そうそう、やはり虫には気をつけたいので、ムシューダは必須です。

 

ムシューダ 1年間有効 引き出し・衣装ケース用 24個入

ムシューダ 1年間有効 引き出し・衣装ケース用 24個入

 

 あとは湿気が大敵なので、湿度の多い部屋(風呂場の周辺)などには保管しないほうがいいですね。

 

 

素材の選び方

これがかなり重要です。

物によっては家庭で選択できないものもあるので、素材はチェックしてください。

僕がおすすめするのは、綿100%

これならば家でガンガン洗えます。

あとはポリエステルや、ナイロン製がいいですね。

 

僕はウールなのものは絶対買いません。

理由は管理が面倒だから。

冬のコートは例外ですが、セーター等は買いません。

綿100のスウェットを買います。

カーディガンも綿100%

Tシャツもそうです。

動物性の素材は買わないようにしてます。

あとは絹や、絹に似たレーヨンという素材のものも買わないようにしています。

レーヨンは最初の見た目はいいのですが、すぐにボロボロになります。

 

ジーンズやボトムスを買う時も、ストレッチ素材が入っているものはすすめません。

ポリウレタンという伸縮性のある糸が使われているのですが、一般的には製造されてから3年くらいが劣化の目安になります。

長期に使用すると、膝の部分などがダルダルに伸びます。

綿100%のボトムスをすすめます。

 

最後に一言

ドライクリーニング(クリーニング屋さんの)では汗の汚れは落ちません。

ドライクリーニングとは有機溶剤で洗う方法です。

汗などの水溶性の汚れは、水で洗わないと落ちませんので必ず汗抜きコースもセットで申し込んでください。

汚れには水溶性と、そうでないものの二種類あるということを覚えておいてください。

 

今回はこんなところですね。

次回は体型維持について語ろうかと。

ではまた次回!

 

脱オタシリーズはこちら

 

sugatareiji.hatenablog.com

 

 

sugatareiji.hatenablog.com

 

 

sugatareiji.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

Copyright© 涙拭けよ All Rights Reserved.