読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙拭けよ

日常の笑える話から、ラーメンなどのグルメ情報、果ては妖怪ウォッチや自己啓発までなんでもござれなブログ。

スポンサーリンク

なでしこジャパン準優勝!今一度、僕らにとっての本物の感動を考える。

自己啓発

ども!

守形レイジです。

 

負けはしましたけど、今大会も楽しませてもらいました。

得点差がありながら、最後まで全力プレーをやめませんでした。

今回は彼女たちに大いに力をもらいましたが、ここで本当の感動とは何かを考えていきます。

f:id:sugatareiji:20150706212006j:plain

 

 

様々な人によって感動させられる

僕たちはスポーツ選手を始め、様々な人から「感動」をもらいます。

最近で言えば「ビリギャル」が話題になりましたよね。

諦めない姿勢や、努力に僕らは強く感動させられます。

 

「最強伝説 黒沢」に学ぶ、本物の感動

 

最強伝説 黒沢 1

最強伝説 黒沢 1

 

 時は2002年

この年にあったのがFIFAワールドカップ

黒沢は会社の同僚と声を張り上げ、W杯で奮闘する日本代表を応援していました。

日本は決勝トーナメントに進出し、ベスト8をかけてトルコ代表との試合を迎えます。

結果はあなたもご存知の通り、0−1での惜敗。

しかし、この時黒沢は唐突に気がついてしまいます。

 

感動などないっ!

あんなものに・・・・・・

 

俺が求めているのは・・・・・・

オレの鼓動 オレの歓喜 オレの咆哮

オレのオレによる

オレだけの・・・・・・感動だったはずだ!

 

一滴の汗も流さず得たものが、「本当の感動」であるはずがない

「感動をありがとう!」と言っているうちは、傍観者でしかないんです。

大切なのは肌感覚の感動。

自分の行動によって手にした、オレのオレによる、オレだけの感動なんです。

 

 

人を感動させるには、自分が感動していなけりゃならん

なでしこはなぜ、僕らを感動させるのか。

それは、彼女たち自信が肌感覚で感動しているからです。

笑ったり泣いたり、彼女たちが感動しているんです。

それによって我々の心も動くんです。

心は心でしか動きません。

他のどんな動機も、には及びません。

 

 

 

「夢は見るものではなく、叶えるもの」

これは澤穂希選手の言葉です。

この言葉が全てではないでしょうか。

僕らは彼女たちの勇姿に、夢を見ていたのです。

僕らは様々な他人に夢を見させてもらいます。

TVの中やインターネットは夢だらけです。

 

でもね、大切なことは行動すること

勇気をもらって「勇気メタボ」になってはダメです。

勉強もアウトプット。

勇気も感動もアウトプットです!

自分の人生に活かして、初めてその感動が意味を持つのです。

 

感動とはつまり,自分の行動に活かすための糧です。

そして、その感動はアウトプットをもって初めて意味を持つのです。

そのアウトプットによって得られる肌感覚の感動こそが、本物の感動です。

 

さあ、僕らも本物の感動を追い求めて行動しようぜ!

 

なでしこありがとう!

 

ではまた次回!

スポンサーリンク

Copyright© 涙拭けよ All Rights Reserved.