読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙拭けよ

日常の笑える話から、ラーメンなどのグルメ情報、果ては妖怪ウォッチや自己啓発までなんでもござれなブログ。

スポンサーリンク

僕がブログを始めた訳。フローメディアからストックメディアへの転換。

ブログ運営

今週のお題「私がブログを始めたきっかけ」

 

ども!

守形レイジです。

 

僕がブログを始めたのは5月10日です。

ちょうど一ヶ月くらいですかね。

 

最初の頃は一日10PVくらいしかなくて寂しい気持ちもあったのですが、徐々に読者さんも増えてきて、現在では300PVを超える日も出てきました。

先日はyabee(Yahoo!ではない)の年金ニュースにも取り上げられ、少々タイトル詐欺気味ではありましたが、かなりのPVを稼ぐことができました。

 

今回は、週間テーマの「私がブログを始めたきっかけ」ということで、お話していきます。

f:id:sugatareiji:20150613190920p:plain

 

結論から言うと、僕がブログを始めたのは自分の情報発信基地を作りたかったからです。

ツイッターでは以前から意識高いツイートをしたり、妖怪ウォッチのツイートをしたりと楽しんでいたのですが、Twitterは所詮はフローメディアです。

しっかりした文章で自分の思いをストックすることはできないですし、「タイムライン」というくらいですから、どんどん流れていって、自分が過去にしたツイートなんて、自分でも見なくなってしまうものです。

一番大きい違いは、検索流入でしょうね。

やはりブログは強いです。 とくに「はてなブログ」は。

始めて間もない僕のブログでも、Googleの1ページ目に載ったりしますし、キーワードによってはトップに表示されます。

Twitterへの検索流入はほとんどありません。

 

話がそれましたね。

まあ、端的にいうとストックメディアを持ちたかったのです。

僕は普段から本を読んだり、ネットビジネスの勉強をしたりしています。

その学んだ内容のアウトプットが友人に話すことだったのですが、それでは話がそこの枠でとどまってしまうのです。

友人以外の人にも知ってもらいたいと思った僕はブログを始めることにしました。

ブログなどで情報発信する人がかならず陥る葛藤というのが「この言葉はもう語り尽くされたものかもしれない」ということ。

実際そうなんでしょう。どっかの誰かが必ず同じようなことを言っています。

しかし、そのどっかの誰かの情報にみんながアクセスできるのでしょうか?

そして、その情報は必ずしも正しいことでは無いのではないでしょうか?

一人ひとり語り口というのは違いますし、その人個人が持っているフィルターも違います。

そして、知らない人というのも無限にいます。初心者は無限にいるんです。

ネットビジネスには「後発組」とかいう言葉があるんですが、はっきりいってそんな概念存在しません。

僕らは後発人間でしょうか?2000年前の先発組の人のほうが優れた生活をしていたでしょうか?

発信の早い遅いは関係なんですよ。

 

sugatareiji.hatenablog.com

 

 

僕が誰かのブログを見て楽しんでいるように、きっと僕の僕のブログを見て楽しんでくれる人がいると思って始めました。

僕の人生は僕しか生きていないですし、僕にしか語れない事があります。

あなたにも物事を語る価値はあるのです。ぜひブログを始めてみてください。きっと楽しいですよ。

 

ブログを始めてよかったこと

・知識や、思っていることのアウトプットができるようになった。

・読者さんの反応があって面白い!

・ライフワークができた

・日常の中からネタが見つかるようになって、生きるのが楽しくなった

・ストックメディアができた

・離れている友人に自分の記事を読んでもらえる

・意図してないバズが起きて、自分と世間とのズレが確認できる

 

こんなかんじでしょうか。

 

ブログを始めて悪かったこと

・特になし

 

今のところありません。

これ書いたら炎上するなあとかおもう記事案もあるのですが、あえて書いてません。

炎上芸人になりたいわけではないので、真っ当な記事を書くようにしております。

 

 

これからの展望

名実ともにプロブロガーになる!

これです!

いまは自称プロブロガーですが、結果が伴っておりません。

もっとたくさんの方々に読んでほしいと思っています。

PVとかAdSense収入とかの結果を求めがちですが、まずは面白い、読み応えのある記事を毎日書き続けることが重要なんだと思います。

 

結果から逆算するのではなく、今ココを意識してこれからも頑張って参ります!

 

ではまた次回!

スポンサーリンク

Copyright© 涙拭けよ All Rights Reserved.